免許取り消しとは

あなたは、しっかりドライバーとしてのマナーを学ばなければならないでしょう。あなたは、合宿免許で運転免許取得したものの、免許取り消しという事態にも遭遇してしまうかもしれません。果たして、どのようなとき、免許取消になってしまうのでしょうか。

免許取得はムーチョで

免許取消の理由

合宿免許で運転免許取得した人たちは、そのとき「免許取消」なんて想像だにしていないのではないでしょうか。

でも、あなたが安易にクルマを運転していることで、免許取消の結末は実際にあり得ることです。

免許取消は、運転免許の有効性を将来にわたり失わせてしまう行政処分を言います。免許取消の事態となれば、クルマの運転は一切することができません。

あなたが実際に運転テクニックを持っていたとしても、運転すれば「無免許運転」です。

免許取消処分以外には、「免許停止処分」や「免許拒否処分」、「免許保留処分」、「運転禁止処分」と言ったものがありますが、その中でも免許取消処分が一番重い処分です。

事故や交通違反による点数の積み重ね

なんで、免許取消の事態になってしまうのかといえば、事故や交通違反による点数の積み重ねによってです。

合宿免許で運転免許取得すれば、あなたは、「点数制度」に従う必要があります。

点数制度というものはそもそも、交通違反や事故に一定点数をつけるためあるものです。

過去3年間の累計点数によっては、免許取消の事態は充分考えることができます。

もちろん、交通違反や事故を繰り返すドライバーを運転させてはならないからです。

数の合計によって、免許の取り消しから、新たに免許再取得できるまでの欠格期間が決定します。

免許取り消し後の再取得について

免許取り消し後の再取得についての問題も非常に気になるところですね。

免許取消は、公安委員会が指定した1~10年の欠格期間が経過するまでは、運転免許取得することができません。

また、欠格期間が経過して新しく運転免許を取得するときは、運転免許試験を受験する前、1年以内に「取消処分者講習」を受ける必要があります。

取消処分者講習とは

取消処分者講習とは、免許取消になった人たちが運転免許を取得するための試験です。

拒否処分を受けた人たちも、 取消処分者講習を受ける必要があります。

実際には一度に多くの人たちが取消処分者講習を受けるということもありませんので、基本、取消処分者講習は、完全予約制ということになります。講習は2日に渡り計13時間です。

関連記事